フェムトセカンドレーザー使用による多焦点眼内レンズ

眼内レンズ

眼内レンズとは?

眼内レンズは、白内障手術で吸い出した濁った水晶体の代わりとなる『人工水晶体』です。
手術で挿入する眼内レンズには「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類があります。
※レンズにはループと呼ばれる支持部が付いており、全長は13mmです。

眼内レンズの種類について

眼の状態と手術時に入れる眼内レンズによって見える“範囲”に違いがでます

単焦点レンズ

眼内レンズ
特徴 ピントが合う距離が1つ
見える範囲 狭い
手元から遠くまでのある1点のみよく見える
見える質 良い
ピントが合う1点はとてもよい

多焦点レンズ

眼内レンズ
特徴 ピントが合う距離が複数
見える範囲 広い
手元から遠くまで見える
見える質 おおむね良い
ピントが少しあまい

単焦点レンズの場合、ピントを合わせる調節力がないため、遠くにピントを合わせると近くが、近くにピントを合わせると遠くが見えにくくなります。
ピントが合わない距離を見るためには、眼鏡が必要です。多焦点眼内レンズでは、手元から遠くまでおおむねピントが合うため、眼鏡に依存する頻度を減らすことができます。ただし、眼鏡をかけた方が楽に見える場合もあります。
※注意:目の状態によって、眼内レンズの種類が選択できない場合もあります。

レンズの比較

外観 レストア テクニスマルチ シンフォニー
名称 ReSTOR
レストア
TECNIS MULTIFOCAL
テクニスマルチ
TECNIS Symfony
シンフォニー
光学部デザイン アポタイズ回折型 2焦点回折型 エシェレット回折型
ピント 2焦点:遠・近
(∞・30cm)
(∞・40cm)
(∞・50cm)
2焦点:遠・近
(∞・30cm)
(∞・40cm)
(∞・50cm)
広い焦点 遠から中
(∞-50cm)
乱視矯正 ×
ハロー・グレア あり あり あり
コントラスト感度
生産国 アメリカ(Alcon) アメリカ(Alcon) アメリカ(AMO)
レストア
ReSTOR
レストア
光学部デザイン アポタイズ回折型
ピント 2焦点:遠・近
(∞・30cm)
(∞・40cm)
(∞・50cm)
乱視矯正
ハロー・グレア あり
コントラスト感度
生産国 アメリカ(Alcon)
テクニスマルチ
TECNIS MULTIFOCAL
テクニスマルチ
光学部デザイン 2焦点回折型
ピント 2焦点:遠・近
(∞・30cm)
(∞・40cm)
(∞・50cm)
乱視矯正 ×
ハロー・グレア あり
コントラスト感度
生産国 アメリカ(Alcon)
シンフォニー
TECNIS Symfony
シンフォニー
光学部デザイン エシェレット回折型
ピント 広い焦点 遠から中
(∞-50cm)
乱視矯正
ハロー・グレア あり
コントラスト感度
生産国 アメリカ(AMO)

白内障について

水晶体は目の中でレンズの役割をする組織です。水晶体が濁ると光が十分に通らなくなります。

正常

眼内レンズ
透明な水晶体は光を十分に通します。

白内障

眼内レンズ
水晶体が濁り、光が通りにくくなります。

手術の流れ

手術前検査
問題なく手術を行えるかを調べたり、白内障手術の場合は患者さまの眼にあった眼内レンズを選んだりするために、手術前にいくつかの検査が必要です。
通常の視力、眼圧の検査のほか、角膜内皮、血圧、血液検査、心電図(必要な方のみ)、散瞳検査(指示がある方のみ)、眼内レンズ関連の検査(白内障手術の場合)などを行います。検査の所要時間は2~3時間ほどです。
手術3日前
感染予防のために、処方された点眼薬を開始します。
手術当日
受付
おひとりが不安の方は付き添いの方とご一緒にお越しください。

手術前の視力検査・診察
手術前の処置、および担当医師による診察を行います。

手術
休憩(約30分)
リカバリー室でお休みいただきます。
お会計
会計後、翌日の診察時間などを確認し、ご帰宅となります。

手術翌日
担当医師による診察を行います。

白内障治療の流れ

白内障は主に手術によって治療を行います。小さな切開から濁った水晶体を砕いて取り出し、人工の水晶体である眼内レンズを挿入します。
※眼の状態(乱視など)によっては、手術後の見える”質”に違いがでます

切開
切開します
水晶体を砕く
濁った水晶体を砕いて吸い出します
眼内レンズ挿入
眼内レンズを挿入します

手術料金

両眼 1,400,000円 から、片眼 700,000円 から(レーザー白内障手術)

手術後のお得情報

手術給付金

生命保険や医療保険の手術給付金が適用される場合があります。詳細は加入されている保険会社へお問い合わせください。ICLの正式名称は「有水晶体眼内レンズ挿入術」です。

医療費控除

1年間に支払った医療費が10万円を超える方は、確定申告で税金の還付が受けられます。手術代金の領収書を大切に保管し、確定申告の際に提出してください。詳細は管轄の税務署へお問い合わせください。

先進医療とは

一般の保険診療で認められている医療の水準を超えた最新の先進技術として、厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる医療技術のことで、先進医療は国民の安全を守り、患者負担の軽減を図りつつ、医療の選択しを拡げるために、保険診療との併用が認められています。
これにより先進医療に係る費用として、手術や眼内レンズの費用は、全額患者様の自己負担となりますが、それ以外の手術当日の薬および手術前後の診察・検査・薬の費用は保険診察で行われるようになります。多焦点眼内レンズは、健康保険の適用がありませんので高額となりますが、先進医療に該当するタイプの多焦点眼内レンズは保険給付の対象となります。
ご希望の方は先進医療特約保険に加入されているかご確認ください。詳しくは当院まで
お尋ねいただくか、厚生労働省HP「先進医療の概要について」をご覧ください。

当院ではレーザー白内障手術を導入しております

レーザー白内障手術