主な検査・手術機器

長岡眼科医院では、患者様の大切な眼に最高の治療をするために、県内トップの最新医療機器を揃えています。
当院は、厚生労働省認定の先進医療施設です。

イメージガイドシステム

VERION™イメージガイドシステム

VERION™イメージガイドシステムは、測定モジュール、ビジョンプランナー、デジタルマーカーで構成され、白内障手術に精度と再現性のイノベーションをもたらします。

IMAGE
●IMAGE
術前検査時に検査室の測定モジュールにて角膜屈折力と乱視軸の測定、眼表面の血管の走行などの特徴を把握します。
PLAN
●PLAN
ビジョンプランナーで眼内レンズの度数計算や、トーリック眼内レンズ・惹起乱視・角膜弧状切開による乱視矯正をプランニングできます。
GUIDE
●GUIDE
術前に計画した角膜切開位置・前嚢切開位置、眼内レンズの中心固定位置、トーリック眼内レンズの軸を執刀医の顕微鏡下とモニタにデジタルマーカーで表示します。
IOLマスター 700

IOLマスター 700

白内障手術時に挿入する眼内レンズの度数を決定するために必要な器械です。度数を決定するには眼球の長さ・大きさを正確に計測することが必須です。従来は超音波を用いて器械を目の表面に接触して測定していましたが、IOLマスターは光を用いて測定します。しかも測定値が非常に正確です。
IOLマスター700は最新技術であるSS(スウェプトソース)OCTを用いて測定するため、ほとんどの患者様はこの器械で眼軸長測定が可能となります。
従来の器械と比べ測定スピードが速くなり、患者様の負担が軽減しました。
これにより、白内障手術後の見え方を良くするため、これまで以上に患者様に合ったIOLの度数が決めやすくなります。

RF ナイフ サージトロン

RF ナイフ サージトロン

眼瞼下垂や眼瞼内反症などの手術で使用します。金属のメスやハサミと比べてより低侵襲な手術になり、結果、今までよりも腫れ、出血が少ない手術が可能となります。

●電気メスと異なる周波数
一般的な電気メスは400KHz前後の周波数帯を用いるElectrosurgeryです。一方、4.0MHzの高周波を採用しているRFメスであるサージトロンはRadiosurgeryの領域となり、電波的な性質を強く持つことから電波メスとも呼ばれます。この高い周波数により組織細胞中の水分子へ高密度に作用することで、侵襲を抑えた微細な切開・凝固を可能にします。
●RFナイフならではの微細な切開・凝固
4.0MHzの高周波ラジオ波により、組織細胞中の水分子への密度、集中性が高まります。そのため過剰な熱変成が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。
OPMI Lumera 700

手術顕微鏡 OPMI Lumera 700

Stereo Coaxial illumination(SCI)テクノロジーとカールツァイスの光学系という極めて高精度かつ、革新的な光学システムを搭載した世界最高性能の次世代顕微鏡です。
電動式のズーム・フォーカス機能や内臓スリット照明システムを備え、難症例の白内障は勿論、OPMI Lumera 700 とResightによる網膜硝子体観察システムにより硝子体手術も安全に、眼に負担が少なく施行することができます。

コンステレーションRビジョンシステム

コンステレーションRビジョンシステム

これまでの手術装置からより高い安全性を目指した、最新鋭の網膜硝子体手術装置です。
あらゆる白内障・網膜硝子体手術や最新の極小切開手術にも対応。
全世界で使用されており、幅広い術式、きめ細かい手技、これまでの手術機械よりもさらに進化した高性能・多機能を兼ね備えています。

OPD SCAN

角膜形状/屈折力解析装置 OPD-Scan®

角膜表面の形状を測定し、眼の屈折状態を視覚的に確認できる検査装置です。
広範囲の領域で測定された屈折度と角膜形状のデータを解析することで見づらさの要因を推測します。

OCT

OCT(光干渉断層計)

網膜の構造を精密に検査するための最新の検査機器です。OCTでは、網膜の厚さや網膜の断面を拡大して撮影することで、肉眼では認められなかった微細な以上や変化を調べることが可能です。

Visante OCT

前眼部OCTスキャナー Visante OCT

前房や隅角を撮影することができ、撮影後に必要部位の測定・定量ができます。角膜厚やLASIK手術後のフラップの厚み、角膜混濁の深さを計測できます。

リサイト

眼底観察システム リサイト

カールツァイス光学システムにより、網膜の状態を鮮明な画像を得ることできます。また、varioscope光学系をリサイトに内蔵することにより顕微鏡を通しての焦点合わせを容易におこなえます。