近視矯正手術 ICL

ICL

ICLとは?

ICLは、小さなレンズを目の中に入れて近視や乱視を治療する新しい視力矯正手術です。一般に、目の中の水晶体を温存したままレンズを挿入する治療方法は、「有水晶体眼内レンズ挿入術」、あるいは「フェイキックIOL」などと呼びますが、ICLもこのフェイキックIOLの一種。レンズを目の中の茶目(虹彩)の裏側、虹彩と水晶体との間の「後房」と呼ぶ位置に固定するので、「有水晶体後房レンズ」という呼び方もあります。 レンズがソフトコンタクトレンズのような柔らかい素材でできていること、いったん目の中にいれたレンズはメンテナンスをする必要がなく長く透明な状態を維持することなどから、「永久コンタクトレンズ」などと呼ぶ人もいます。

ICLをおすすめする理由

角膜を削らない手術

レーシックは近視の度数が強い人ほど角膜を多く削るため、見え方のクオリティが低くなりやすいという欠点がありますが、ICLは近視の強い人でもクオリティの高い見え方が期待できます。また、万が一の時は、レンズを抜去することが可能な治療です。

ワンランク上の鮮やかな見え方、高い術後満足度

ICLは他の矯正方法と比べて矯正精度が高く、これが鮮やかな見え方につながっているといわれています。ICLを受けた方の98%が裸眼視力1.0以上に回復し、ほぼ100%に近い患者さんが満足しているという調査結果もあります。

ICL
ICL

長期的に安定した視力

レーシックは、術後数年間で視力が少し近視ぎみに戻ってしまうことがあり、この傾向は強度近視の方ほど顕著にみられます。ICLを受けられた方で顕著な近視の戻りは報告されておらず、長期的に安定した視力を維持できます。

術後でも術前の状態に戻せる

ICLのレンズは、特別な理由がない限り交換する必要はなくそのままずっと目の中に入れておくことが可能です。ただし、見え方に不満がある場合などには、レンズを取り出して元の状態に戻すことができます。これはレーシックとは大きく異なる特徴です。

ドライアイ、視覚障害の出現がほぼない

角膜を削るレーシックでは、フラップ作成時に角膜の知覚神経が切断されるので、一時的にドライアイが生じやすくなります。また、術後に生じる角膜表面の歪みによりハロー/グレアといった視覚障害を起こしたり、暗闇で色や濃淡が見づらくなったりすることもあります。ICLでは、こうした視覚障害の出現はほぼありません。

強度の近視や乱視でも矯正可能

角膜を削るレーシックでは、矯正できる度数に上限があります。ICLは幅広い度数のレンズを用意しており、最強度の近視でも矯正することが可能です。

手術について

使用実績数

日本の厚労省が認めた世界で唯一のフェイキックIOL

ICLは、日本で薬事承認を取得している世界で唯一のフェイキックIOLです。2010年2月に近視用のレンズが、2011年には乱視用のレンズが薬事承認を取得しています。世界では、1997年に欧州でCEマークを取得後、カナダ(2001年)、韓国(2002年)、アメリカ(2005年)、中国(2006)年など、60以上の国々で薬事承認・認可されています。

圧倒的な国内外での使用実績数

ICLの使用実績は今も急速に伸びており、これまでの累計での使用実績は35万以上。
累計使用実績で見た世界シェアは74%(※1)と他を圧倒する数です。
※1スター・ジャパン調べ

日帰り手術が可能

ICL手術の所要時間は両目合わせて10~20分程度。切開創は3mmと小さく、点眼だけで自然治癒するので縫合の必要さえ必要ありません。両目を同日に手術でき、視力は1日~1週間ほどで回復します。術後の早い段階で視力の変化を実感できます。

レンズ素材

長期的な安全性と安定性

ICLのレンズ素材は、HEMA(水酸化エチルメタクリレート)とコラーゲンを共重合させたCollamerと呼ぶ新素材。
生体適合性が高く、目の中に入れても異物として認識されにくい大変優れた素材です。特別なメンテナンスをする必要はなく、目の中で長期間にわたって透明な状態を維持し、長くレンズとしての機能を果たします。

手術を行うまで

  • 適応検査
  • 再検査
  • 手術当日
  • 定期健診

1.適応検査

検査・医師による診察、今後のスケジュール決めをします。

2.再検査

詳細な検査を行ってレンズの種類と度数を決めます。
※連続装用タイプのソフトコンタクトレンズまたはハードコンタクトレンズをご使用の方は装用を2週間以上中止した上で検査をします。使い捨てタイプのソフトコンタクトレンズご使用の方は装用を3日以上中止した上で検査を行います。

3.手術当日

手術は両眼同日に行います。
※Artisanを使う場合は片眼ずつ1~2週間の間隔をあけて手術を行います。

4.定期健診

定期健診は手術翌日、翌々日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年後にあります。

手術の流れ

手術前検査
問題なく手術を行えるかを調べたり、白内障手術の場合は患者さまの眼にあった眼内レンズを選んだりするために、手術前にいくつかの検査が必要です。
通常の視力、眼圧の検査のほか、角膜内皮、血圧、血液検査、心電図(必要な方のみ)、散瞳検査(指示がある方のみ)、眼内レンズ関連の検査(白内障手術の場合)などを行います。検査の所要時間は2~3時間ほどです。
手術3日前
感染予防のために、処方された点眼薬を開始します。
手術当日
受付
おひとりが不安の方は付き添いの方とご一緒にお越しください。

手術前の視力検査・診察
手術前の処置、および担当医師による診察を行います。

手術

角膜切開
目薬タイプの麻酔を点眼し、レンズを挿入するために角膜を切開します。
※切開創は3㎜と小さく、縫合しなくても時間とともに自然に治癒します。
ICL挿入
切開した部分から、細長く筒状に折りたたんだレンズを挿入します。筒状に折りたたんだレンズは、眼内でゆっくりと自然に広がります。
広がったレンズの両端の部分を毛様溝へいれてレンズを固定します。
インプラント
もう片方の目も同じ手順でレンズを挿入します。手術は両眼行う場合でも10~20分程度で完了します。
※術後は、麻酔が切れるまで30分~1時間ほどお休み頂き、経過を確認後にご帰宅となります。

休憩(約30分)
リカバリー室でお休みいただきます。

お会計
会計後、翌日の診察時間などを確認し、ご帰宅となります。

手術翌日
担当医師による診察を行います。

手術料金

両眼 750,000円 から

手術後のお得情報

手術給付金

生命保険や医療保険の手術給付金が適用される場合があります。詳細は加入されている保険会社へお問い合わせください。ICLの正式名称は「有水晶体眼内レンズ挿入術」です。

医療費控除

1年間に支払った医療費が10万円を超える方は、確定申告で税金の還付が受けられます。手術代金の領収書を大切に保管し、確定申告の際に提出してください。詳細は管轄の税務署へお問い合わせください。

よくある質問


ICLのレンズは、コラマー(Collamer)という新素材でできています。このコラマーは生体適合性に優れた素材で、目の中に入れても異物として認識されにくく、数十年間の長期間にわたって透明な状態を維持します。とても柔らかい素材なので、小さな切開創からの出し入れが可能です。万が一問題があった場合でも、約3mmの創口を作ってレンズを抜き取ることが可能です。

ICLのレンズは、虹彩の裏側にある毛様溝という部分にレンズ両端の突起を入れて固定します。よほどの強い衝撃でない限り、ずれることはまずありません。またとても柔らかい素材なので、目の中で割れることもまずありません。

ハードコンタクトレンズの場合は、角膜の上にのせるので異物感を感じますが、ICLの場合は眼内に挿入するので異物感を感じることはありません。ごろごろした感じや目の乾きを感じないので、手術後は快適に過ごせます。

麻酔をするので、痛みはありません。麻酔は点眼麻酔だけなので、麻酔をする時の痛みはありません。手術中は目を開けておくための器具を使うので、まれに圧迫感や不快感を感じる場合もありますが、これは痛みといえるものではありません。
また手術中に虹彩切開をする場合、痛みを感じる場合もありますが、当院では虹彩切開が必要ないホールICLを使います。手術は麻酔が聞いていることを確認しながら進めます。また手術中でも医師とのコミュニケーションが取れますので、ご安心ください。術後に軽い痛みや異物感を感じる場合もありますが、これは時間経過とともに改善します。

手術の直後は若干の炎症のため見えづらい場合がありますが、通常は翌日~1週間くらいで回復し、視力の変化を実感できます。傷口が塞がって治癒する1~3ヵ月間で視力はほぼ安定します。手術が終わった後、30分~1時間程度は経過を確認するためにそのまま院内に留まっていただきますが、入院の必要はありません。手術当日から裸眼で過ごしていただけます。
ICL

ICLは眼にやさしい生体適合性の高い素材ですので
安心安全に治療をお受けいただけます

注意事項

手術前の準備

●抗菌剤の点眼をします。手術日の3日前から1日4回(朝・昼・夕・夜)の点眼を忘れずに行ってください。
 ※目やにが出やすくなるので就寝直前の点眼は控えてください。
●手術前日までコンタクトレンズをご使用いただけます。

手術当日

●コンタクトレンズの使用は控えてください。
●お車を運転しての来院はお控えください。
●手術室内は気温が低めです。寒くならない服装でのご来院をおすすめします。
 また次の服装は控えてください。
 ・パーカーなど襟元が覆われる衣服
 ・タートルネックなど帰宅後脱衣するときに目を強くつむってしまう衣類
 ・セーターなど毛足が長く、毛くずが目に入る恐れがある衣類
 ※術後に点滴を行う場合があります。腕まくりができる服装でご来院ください。
●お化粧は全て控えてください。
 ・アイブロー、日焼け止め、フェイスパウダーも使用を控えてください。
 ・基礎化粧品(化粧品、乳液など)のみ目の周りを避けて使用可能です。
●整髪料、香水、香りの強いクリーム類は使用しないでください。
●当日は以下のものをお持ちください。
 ・手術同意書、印鑑

手術後

●点眼薬、内服薬
 ・処方されたお薬は、必ず指示通りに使用してください。
●目の保護
 ・手術後1週間はごみや予期せぬ衝撃から目を守る必要があります。外出時は必ず保護用メガネを着用ください。
●シャワー、入浴、洗顔、洗髪
 ・手術当日は肩から下のシャワーのみ可能です。顔は目の周囲を避けて軽く拭く程度にしてください。
 ・入浴、洗顔、洗髪は翌々日の検診後から可能です。それまでの数日間は目に水が入ったりしないように気を付け  てください。
 ・温泉、サウナは少なくとも1週間(できれば2週間)は控えてください。
●飲酒、喫煙
 ・傷の治りに影響がでますので、手術後3日間は控えてください。
●お化粧
 ・目の周りを避けたお化粧は翌々日から可能です。
 ・目の周りのお化粧は1週間後から可能です。
 ・口紅、日焼け止め、基礎化粧品の使用に制限はありません。
 ・まつ毛パーマ、まつ毛エクステンションは1ヵ月後から可能です。
●仕事
 ・たいていのお仕事は翌々日から可能です。ただし職種によって異なります。
 ・1週間は重いものを持つ作業は控えてください。
●車の運転
 ・視力が回復した段階で可能です。見え方に慣れるまで、夜間の運転は十分注意してください。
 ・手術後に裸眼で運転される場合は、免許証の「眼鏡等」を外す手続きを早めにしてください。
  書き換えをせずに運転した場合、条件違反になる場合があります。ご注意ください。
●スポーツ
 ・ジョギングなど軽い運動は1週間、球技など目に衝撃を受ける可能性のあるスポーツや、目に水や遺物が入る恐  れのあるスポーツ(水泳など)は1ヵ月程度避けてください。
●定期健診
 ・術後の目の状態を確認する大切な検診です。必ず受診してください。
  何か異常を感じた際は、決められた検診日以外でもすぐに受診されることをおすすめします。