フェイキックIOLとは?

フェイキックIOL
強度近視や角膜が薄い等の理由で、レーシック手術が適さない方の視力矯正の方法として、フェイキックIOL手術を行っています。
フェイキックIOLは角膜と虹彩の間にある前房に挿入し、虹彩を固定することで、光の屈折を変えて近視、遠視、乱視を矯正する、いわば“目の中のコンタクトレンズ”です。
フェイキックIOLによる視力矯正は、水晶体を残したままフェイキックIOLを挿入するため、調節力を失うことがありません。フェイキックIOLを外し、元の状態に戻すことも可能です。
フェイキックIOLはヨーロッパでは1986年から使われていて、アメリカでは2004年9月に、日本の厚生労働省にあたるFDA(アメリカ食品医療薬品局)の認可を得ています。

フェイキックIOLの種類

フェイキックIOLには、ポリメチルメタクリレート(PMMA)でできたArtisan(アルチザン)とシリコーンでできたArtiflex(ある地フレックス)の2種類があります。どちらも透明で耐久性に優れていて、白内障手術後に眼内に挿入される眼内レンズ(IOL)と同じ材質でできています。近視・遠視・乱視の度数や目の形状によって、使用するフェイキックIOLを決めています。

フェイキックIOLが適している方

  • レーシックやPRKでの治療が困難な強度の近視の方
  • 遠視・乱視の方
  • 角膜が薄い方
  • 矯正視力が良好な初期円錐角膜の方

手術の流れ

  • 適正検査
  • 視力検査・採血
  • 虹彩切開手術
  • 手術
  • 定期検査

1.適正検査・コンサルテーション

手術前にその方にあった手術方法の検査と、コンサルテーションを行ないます。

2.視力検査・採血

レンズオーダーのための詳しい視力検査・採血を行ないます。

3.虹彩切開手術

手術2週前までにレーザーを使って、虹彩に穴をあけます。※これはフェイキックIOL手術後に眼内の水の流れが悪くなって眼圧が上昇するのを防止するための処置です。処置後1週間以内に眼圧検査、診察が必要になります。

4.手術

点眼麻酔をした後、強角膜(白目と黒目の間の部位)を切開し、フェイキックIOLを挿入し、虹彩に固定します。切開した部分を必要に応じて縫合します。フェイキックIOL手術時間は約30分です。(フェイキックIOL手術は片眼ごとに行ないます。約1ヵ月後にもう片方の眼の手術となります。)

5.定期検査

手術後の眼の状態を確認し、合併症を早期に発見する為のものですので、必ず受診してください。手術後の定期検査は、翌日、1週間、(2週間)、1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年、2年、3年、5年、10年後です。